もし、あなたが「患者さんに施術後の違いを『体感的』だけではなく『視覚的』にもっとしっかり感じてほしい」とお思いでしたら、ぜひこのページを最後までお読みください。

 

これからあなたが下す判断が、今後のあなたと患者さんとの信頼関係を大きく変える事になるかもしれません。

 

 

≪ あなたの施術の価値を高め、患者さんとのコミュニケーションを深めたいあなたへ ≫

 

「患者さんは、施術に価値を感じて満足しているだろうか?」

このページをこうして読み始めているということは、あなたはこのようなことを感じているのではないでしょうか。

 

そして、もしかすると「施術の価値を高めるため」、また、「患者さんが満足するため」に役立つツールなどをお探しになっているかもしれません。

 

いずれにしても、あなたがこのページを読むことで、「患者さんが、あなたの施術に価値を感じて満足する」ための 『一つの方法』を知っていただくことができると思います。

 

なぜなら、ここでご紹介するアプリは、今までにない「手軽さ」と「低料金」で利用でき、その手軽さにより「患者さんとのコミュニケーションを深める」ことができる姿勢撮影・分析・比較アプリだからです。

 

このページでは、アプリの手軽さと、アプリを使って患者さんに姿勢の違いをお示しすることが、施術の価値を高めて、患者さんとのコミュニケーションを深めることに繋がる「理由」をご説明しています。

 

もしかすると、このページをお読みいただき、あなたが下す判断が、今後のあなたと患者さんとの信頼関係を大きく変える事になるかもしれません。

 

患者さんに「施術による違いを知っていただくことの重要性」や、ご紹介するアプリで実現できることを知っていただき、このアプリが、あなたの施術に活かせるかを「ご判断」していただければ幸いです。

 


 

突然ですが・・・
あなたは患者さんに施術前後の違いをお示ししていますか?

 

患者さんに施術前後の違いをお示しする目的は、患者さん自身に、
■ 施術の「効果」を「実感」してもらうこと
■ あなたの施術により症状が改善されたことを「認知」してもらうこと
ではないでしょうか。

 

患者さんに施術の効果を実感してもらい、身体が改善されたことを認知してもらうことが、「患者さんの満足度」を高めることだと思います。

 

つまり、「あなたや、あなたの施術に対する信頼度」を高めるために、患者さんに施術前後の違いをお伝えして、症状や身体の改善をきちんと理解してもらうことが大切なことだと言えます。

 

 

 

患者さんへ伝える「体感的」な違いと「視覚的」な違い

一般的に、施術を受けた患者さんが施術前後の違いを感じるのは、
■ ツラかった痛みがとれた
■ できなかった動きができるようになった
という「体感的」な違いではないかと思います。

 

 

しかし、姿勢の改善や矯正などを行っている施術院様や施術者様のなかには、患者さんに施術前後の違いを「できるだけわかりやすく」お示しするために、「視覚的」に撮影した画像などで施術前後の違いをご理解いただけるように、いろいろな工夫をされている方もいらっしゃると思います。

デジカメで患者さんの姿勢を撮影する時に、姿勢の歪みや傾きがわかりやすいように格子状のスクリーンなどを使用したり、また、とても高価な姿勢分析システムを導入されている施術院様もおられると思います。

 

では、なぜ、工夫して撮影をしたり、高価なシステムを導入してまで、患者さんへ「視覚的」に違いをお見せする必要があるのでしょうか?

 

 

「視覚的」に違いを比較してお見せする重要性

患者さんへ、施術前後の違いを「視覚的」にお見せする目的は、理解度を大きく深めることにあります。

 

人は視覚から得られる情報量の割合は五感全体の約80%だといわれています。
聴覚・触覚・嗅覚・味覚と比較して圧倒的な情報量を視覚から得ています

 

また、写真・イラスト・グラフなどの「ビジュアル」は、見る人の興味や理解度を高め、さらに視覚で得られた情報は印象を深める効果があるといわれています。

 

つまり、視覚から得た情報は人の感性に訴えかけるものであり、施術による違いを認識しやすく、理解度を深めるので、患者さん自身が「自分の姿勢が改善されている」という認識をしやすくなると考えられます。

 

そして、患者さんへ施術前後の違いを「視覚的」にお見せするもう一つの効果としては、「記憶の低下を補う」ということもあります。

 

一般的に、ご年配の方は記憶する機能が低下するといわれています。

ご年配の患者さんにとっては、施術前に見てもらった姿勢を記憶して、施術後の姿勢との違いを記憶を照らし合わせて、きちんと理解することが難しくなる場合があるということです。

 

さらには、来院当初と現在の姿勢の違いなどは、ご年配の方に限らず、記憶の照らし合わせだけで比較することは極めて困難であるといえます。

 

そのため、「記憶の低下を補う」という点においても、患者さんへ施術前後の違いを「視覚的」にお見せすることは、とても効果的な方法です。

 

 

あなたの患者さんに、施術前後の違いをひと目見て認識していただくことが、記憶に頼ることなく、あなたの施術に対する理解と、あなたに対する信頼を高めることに繋がるのではないでしょうか。

 

 

患者さんに、もっと効果的に施術前後の『違い』をお伝えしたい

しかし、「患者さんに施術前後の違いを理解してもらうことが重要だと思うけど、どうやったら『わかりやすく』伝えられるか悩んでいる」という方や、「もっと効果的に『違い』をお伝えしたい」とお悩みの方も多いのではないかと思います。


  • 施術前後の違いを患者さんに「きちんと理解してもらえる方法」で伝えたい。
  • 患者さんに施術前後だけでなく、来院当初と現在の姿勢の違いを分かってほしい。
  • デジカメやスマホで撮影しても、施術前後の画像を並べて比較するのは手間がかかる。
  • デジカメやスマホで撮影した画像では、施術前後の姿勢の違いを一定の基準で比較するのが難しい。
  • 画像だけでなく姿勢を分析した数値での違いも患者さんに分かってほしい。
  • 姿勢分析の何十万円・何百万円もする高価で大掛かりなシステムや、撮影機材の導入は難しいし、専用の撮影スペースを確保することができない。

 

 

 

もし、あなたがこんなお悩みやご要望をお持ちであるなら、
iPad用姿勢撮影・分析・比較アプリ【Postima -ポスティマ- 】で解決できるかもしれません

 

 

 

新しいコンセプトで生まれた
iPad用 姿勢撮影・分析・比較アプリ【Postima -ポスティマ- 】

 

 

 

今回ご紹介させていただくiPad用 姿勢撮影・分析・比較アプリ【 Postima -ポスティマ- 】では、文字通りタブレットの「iPad」だけで患者さんの姿勢を撮影・分析・診断し比較レポートを作成することができます。

 

また、ポスティマは、手技療法の質保証向上のために必要な「定量的な観測」を実現するために、今までにない新しいコンセプトで開発されました。
(特許出願中)

 

 

ポスティマを利用することで、パソコンや、何十万 何百万円もする高価なシステム、また、センサーカメラなどの専用撮影機材がなくても、患者さんの施術前後や、来院当初と現在など「日をまたいだ」姿勢の違いを、画像と数値でお伝えすることができます。

 

 

 

iPad用 姿勢撮影・分析・比較アプリ【Postima -ポスティマ- 】を動画でご紹介します。

 

この動画は、ポスティマの『全体的な使い方』と『撮影方法』をご説明する動画です。

 

 

ポスティマで簡単に撮影する【かんたん!!  撮影のコツ】こちらの動画でご紹介しています。

また、ポスティマでの【分析方法・比較レポート作成】方法のご紹介動画はこちらのページをご覧ください。

 

ポスティマの取扱説明書はこちらのページよりご覧いただけます。

 

 

ポスティマのダウンロードはこちら

 

 

 

iPad用 姿勢撮影・分析・比較アプリ【 Postima -ポスティマ- 】の特徴

ポスティマは、iPadが備えているさまざまな機能を活用し、患者さんの撮影と姿勢分析、そして施術前後の評価に特化したシンプルな機能にすることで、多くの人に無理なく「低料金」でご利用いただけるように開発しました。

 

また、患者さんへのインフォームドコンセントでの活用や、患者さんとのコミュニケーションを深めるためのツールとしてもご利用いただけるアプリです。

 

以下、さまざまなポスティマの特徴についてご説明いたします。

 

 

iPadのカメラを利用して患者さんの姿勢を撮影

ポスティマでは、iPadのカメラを利用して患者さんの姿勢を撮影します。

 

ポスティマの撮影方向は、姿勢分析に「必要」であり「最適」な、患者さんの「立位」の「背面」と「側面」にしています。

「背面」と「側面」は、患者さんご自身の目では見ることのできない「面」でもあるので、撮影で確認していただく重要な方向であるともいえます。

 

アプリの撮影用ガイドラインと、iPadの加速度センサーを利用することで、専用カメラや三脚などの撮影機材を必要とせず、患者さんの姿勢を正しく撮影することが可能となります。

 

ポスティマで撮影した画像は、iPadの加速度センサーを活用して患者さんを撮影することにより、タブレットを手で持って撮影するという手軽さでありながら、Before-After、もしくは日をまたいだ画像比較をする場合でも「一定の条件での撮影」が可能となり、手技療法の質保証に必要な「定量的な観測」の要件を満たす画像になります。

 

Postimaの撮影センサーのイメージ

 

ポスティマで簡単に撮影する『コツ』をご紹介

この動画では、iPad用 姿勢撮影・分析・比較アプリ 【 Postima -ポスティマ- 】 で、患者さんを簡単に撮影するための『コツ』をご紹介しています。

ポスティマでは、患者さんの姿勢を撮影後、その画像を保存する前に、画像を拡大して「大きさ」や「位置」を補正する機能を備えています。

この機能を活用することで、患者さんの姿勢撮影がとても簡単にできます。

 

 

下記リンクページの動画の下では『かんたん撮影のコツ』をテキストや画像でもご紹介しています。
よろしければご覧ください。

とってもかんたん!! ポスティマ『撮影のコツ』ご紹介ページはこちら

 

 

ポスティマの撮影に必要なスペース

ポスティマを起動して撮影する時に必要なスペースは、患者さんの全身が撮影できる距離(施術台の長さぐらいの2m弱程度)があれば撮影できます。

 

姿勢を撮影するための専用ステージなどが不要なので、常に撮影スペースを確保する必要はありません。

 

施術院内でポスティマでの撮影

 

 

また、患者さんの身体の測定ポイントに「分析用のシール」などを貼ることなく、身体の歪みや傾きを分析・診断することが可能です。

 

 

撮影した画像を『患者さんと一緒に見ながら』分析・診断・比較

ポスティマでは、iPadで撮影した患者さんの画像をタブレットの画面上で分析ポイントをマーキングすることで「姿勢分析」をします。

 

タブレット上で分析をするので、撮影した画面を患者さんと一緒に見ながら分析を行うことができるのがポスティマの大きな特徴です。

 

 

例えば・・・

施術前の分析では、患者さんの今現在の姿勢がどうなっているかを、患者さんと一緒に画面を見ながら分析ポイントのマーキングをし、どこをどのように施術するか説明することができます。

 

患者さんを施術した後は、施術前と同様に患者さんの姿勢を撮影して分析をし、最後に施術前と施術後の分析画像を1つの画面上で並べて表示できる「比較レポート」をお見せします。

そして、患者さんに、あなたの施術により患者さんの姿勢がどうのように変わったかを説明し、患者さんに理解を深めてもらうことで、今後の施術方針についてもお話ししやすくなると思います。

 

また、患者さんが初めて来院された時に撮影・分析した画像データと、現在の撮影・分析したデータを比較レポートに並べることで、あなたが施術をする以前の患者さんの状態と、あなたの施術を受け続けた現在で「どのくらい身体が改善されているか」を一目瞭然でお伝えすることが可能となります。

 

 

手技療法の質保証のために必要な「定量的な観測と分析」については、こちらのページでご説明しています。

 

 

『平均撮影時間わずか3分弱』という高いタイムパフォーマンス

ポスティマはiPadだけで手軽に姿勢の撮影と分析・比較が手軽に行えるアプリです。

しかし、当然ですが、アプリを活用して患者さんの姿勢撮影・分析をするための「時間」は必要です。

 

ポスティマを使ってみたいとお考えの方でも、今までお使いになったことのない新しいツールを導入する場合には、『自分の診療の中でポスティマを無理なく活用できるか?』と不安に思うこともあると思います。

 

でも、ポスティマは、使用するために診療の妨げになってしまう程の時間が必要なツールではありません。

 

例えば、撮影に必要な所要時間をあげるとすると、「患者さんの背面・側面の姿勢撮影に要する平均所要時間は、準備から撮影完了まで『わずか3分弱』」です。

 

もちろん、患者さんによって、準備にかかる時間や説明に要する時間は変わってきます。

また、決して難しいものではありませんが、ポスティマでの撮影にある程度慣れるまでは、もう少し時間がかかる場合もあると思います。

 

そこで、ポスティマをご検討されている方のために、以下のページでポスティマを活用する時の主な工程と、その所用時間をご説明しておりますので、よろしければご覧ください。

『たった3分弱の撮影で』患者さんへ視覚的に姿勢の状態を説明!!

 

 

ポスティマのメニュー構成

ポスティマは4つのモードから構成されており、全てを「アプリのトップメニュー」から完結できる、使いやすい構成にしています。

 

 

 

■ 撮影モード

■ データ閲覧・分析・レポート作成モード

■ 設定モード

■ ヘルプ(取扱説明)モード

 

 

ポスティマは、iPadで直感的に操作できるような構成で作られていますので、パソコンに慣れていない方でも簡単に操作ができます。

 

 

比較レポートの印刷にも対応

ポスティマでは、iPadと連動できるAirPrint対応のプリンターを使うことで、作成した比較レポートを印刷して患者さんにお渡しすることが可能です。

 

レポート印刷イメージ画像(プリンターの設定により若干変わります。)

 

患者さんが施術前後を比較したレポートを持ち帰ることができれば、ご家族やご友人に施術の効果を視覚的に簡単に説明できますし、ご覧になったご家族やご友人もあなたの施術に興味を持たれるかもしれません。

 

iPad対応の「AirPrint対応プリンター」について詳しくは下記リンクよりご覧いただけます。
Apple社「AirPrintについて」のWEBサイトはこちら
AirPrint プリンタを Wi-Fi ネットワークに接続する

 

 

ポスティマは現役カイロプラクターと理学博士が共同で開発したアプリ

 

ポスティマの開発のきっかけは現役カイロプラクターの『こんなことができるツールが欲しい』という思いでした。

それは・・・

施術で姿勢が改善されてきていることを動作の感覚や鏡の前での説明だけではなく、もっと視覚的に『良くなっている』という実感をしてもらうことで、施術の効果が高まるのではないか。

いつも使っているiPadでそんなことが手軽にできないか。

というものでした。

 

しかし、姿勢撮影・分析・比較をするためのアプリを開発するには、撮影する画像は「定量的な観測」ができていることが必要であり、その画像を基に分析することが必須です。

 

そのため、カイロプラクターである開発者が、以前より『歩行と姿勢に関する研究』など複数の共同研究と論文の共同執筆もした『防衛大学校』の理学博士と共に、定量化の方法を構築し共同開発しました。

 

 

開発者の紹介とごあいさつ

開発者:杉山 成久
ほりのうちカイロプラクティック 院長

『患者様との強い絆づくりのための理想的な姿勢分析器を求めて』

 

 

 はじめまして。ほりのうちカイロプラクティックの杉山と申します。カイロプラクティックの臨床に立たせていただき約20年になります。現在も、さまざまな悩みをお持ちの患者様に施術を通して健やかな生活を送っていただくべく、微力ながらお手伝いさせて頂いております。

 

私がカイロプラクターとしてまだ駆け出しだった頃、ある国際セミナーで心に響く言葉に出会いました。それは、講師の先生から聞いた「あなた達はドクターなのだから、常に患者様の身体に何が起こっているのかを説明できなくてはなりません。」という言葉でした。至極当然の事のようですが、当時、結果オンリー主義に走っていた私にとっては目の覚める一言でした。「結果良ければ全てよし。」ではなく、「何故良い結果が出たのか」を論理的に科学的に提示する事は、患者様にとっても我々施術者にとっても非常に重要な事だと再認識させられたのです。

 

患者様の身体に起こっている変化を定量的、視覚的に表し、それを患者様と共有することが出来たら、患者様も受術のモチベーションが向上するのではないだろうか。そのような考えから効果測定のための指標を模索し始めました。視診、静的触診、動的触診、関節の可動性、痛みの誘発、圧痛、等々様々な指標を検討している中で、立位の姿勢には身体の歪みの影響が現れやすく、視覚的にも変化が分かりやすい事に注目しました。施術による姿勢の変化を患者様と共有するために、姿見鏡、カメラ、三脚、パソコンでの画像処理、格子模様の壁紙等々・・・、様々な物を用いてみましたがそれぞれにデメリットがあり、なかなか満足いくような結果が得られませんでした。

 

しかし、その様に試行錯誤を重ねていると、施術効果を測定するための理想的な姿勢分析器の姿が見えてきました。それは・・・
・手軽に比較可能な画像を撮影できる
・簡単に姿勢の定量的な分析ができる
・分析したデータを比較できる
・すぐに画像を患者様と共有できる
・データとして保存できる
・分析結果を印刷できる
などでしたが、既存のツールでこのようなことができる物を探すもニーズにマッチするものはありませんでした。そこで、注目したのがAppleのiPadでした。このiPadには、大きな画面、タッチによる簡単操作、カメラ、ジャイロセンサー、プリンタの接続の機能を用いて、希望する分析器を実現できるのではないかと考え始めました。

 

私にはiPadを用いてアイデアを形にするためのプログラミングの知識が無かったので、SEである兄やプログラマーの知人に話を聞くも、iOS(iPadを制御するシステム)は、その特異性から専門的な知識が必要だという事が分かりました。そこで歩行研究を共同で行っていた防衛大学校の白川先生に相談する事にしました。もともとは患者様だった白川先生は、色々な研究で多くの論文を発表しておられ、中でも私には、「身体制御に関する研究」がとても興味深かったので、プラクティショナーの立場で一緒に研究をさせて頂いておりました。そこから二人三脚での開発がスタートしました。お持ちの専門知識は、理想のアプリ実現に向けた技術的、学術的面での大きな推進力となり、数々の問題点を解決してくださいました。手技療法、リハビリ、トレーニングの現場を変えるパワーのある、操作性、信頼性の高いアプリケーションを実現する事ができたと思います。

 

このように、いくつもの出会いから実現する事ができたのが、私が追求した夢の姿勢分析アプリPostimaです。臨床で使いやすく、何よりも患者様に施術効果を実感していただけるようなアプリをめざして作りました。Postimaが、皆様の臨床において患者様との強い絆づくりの一助になれば幸いです。

 

ほりのうちカイロプラクティック 院長 杉山 成久

 

杉山 成久 ≪ 略歴 ≫

1989年 3月  桜美林大学 文学部 英語英米文学科 卒業
1989年 4月  株式会社ソフトウェアジャパン 入社 営業推進部・海外課 勤務
1991年12月  住友金属工業株式会社 入社 システムエンジニアリング事業本部 勤務
1998年 4月  カイロプラクターをめざして会社員を辞め修行を始める。
2006年 2月  ハワイ州立大学 解剖学実習終了
2006年 9月  仙骨後頭骨リサーチ学会(米国)認定資格 取得
2007年 9月  パシフィックアジアカ協会(東京)認定カイロプラクター資格 取得
2009年 1月  独立 ほりのうちカイロプラクティック 開業

2011年から姿勢変化を定量的・視覚的に表す方法を模索し始める。
2014年より姿勢撮影分析比較アプリの原型となるビジュアルモデルの制作を開始。
2015年より姿勢撮影分析診断比較アプリの本格的な開発をスタート。
2018年7月、【 iPad用 姿勢撮影・分析・比較アプリ「Postima」】をリリース。

 

 

開発者:白川 智弘
防衛大学校電気情報学群情報工学科助教 博士(理学)

『姿勢を測り、施術の効果を可視化する:患者様のために』

 

 

 はじめまして。ポスティマの開発者の1人である白川と申します。防衛大学校において、生命科学と人間科学をベースとする情報工学を研究している者です。ポスティマの開発においては主に技術面のサポートと、完成品の科学的性能評価を担当致しました。

 

ポスティマの共同開発者である杉山先生とは、元々は、そして今も、カイロプラクティックの施術者と患者の関係にあります。私は研究者という仕事柄、パソコンに向かう時間が非常に多く、以前より肩こりや腰痛に悩まされてきました。その治療のため、これまで様々な治療を受けた経験があります。学生時代から大学教員である現在に至るまで、いろいろな地域に住みましたが、住む場所を変える度、本当にいろんなところに通いました。その中には整体やカイロなどのスタンダードな治療もあれば、○○式、××式といった多種多様な治療法も含まれます。ある意味、私はプロの患者です(今は杉山先生のお陰で調子は良いです)。

 

いろんなところに通ったと言いましたが、それらがとても効果的だった場合もあれば、あまり改善が見られなかった場合もあります。そのうちに、治療が自分の身体にどのような効果を及ぼしているのかがだんだんとわかるようになり、また、どのような時にどのような施術を受ければ良いかの使い分けすらできるようになってしまいました。その結果、症状の種類と施術の種類の相性というものも大きな影響を持つのではないかと思うに至りました。おそらく、何かしら万能な治療がどこかに存在するというわけではなく、この症状にはこの治療、この人にはこの治療、といったような、使い分け、分業が、本当は大事なのではないでしょうか。

 

では、ある治療が効果的であるかどうかをどうやって見分けるか。治療を受ける側、患者の側からは、なかなかその判断は難しいものがあります。また、治療の種類によってその効果の現れ方も違うでしょう。何かしら共通のものさしはないものかと、常々思っておりました。

 

そんなある時、杉山先生から、患者様の姿勢を測り、治療の効果を可視化する、そんなことはできないかというご相談をいただきました。その時私は「それだ!」と思いました。そして二つ返事で、じゃあ作りましょうと言ってしまいました。

 

このような経緯により完成したポスティマは、治療の効果を可視化し、定量的に評価するためのソフトウェアとなっております。もちろん、ポスティマは万能のものさしではありません。ポスティマでは測ることのできない治療の効果も、もちろんあるでしょう。しかしながら、患者様が客観的な視点から治療の効果を実感し、自分の状態に対する理解を深めることを助けることができる、そして手間をかけずにそれが実現できる、そんなツールであるという点では、非常に画期的なものであると考えています。

 

私は研究者として、ポスティマの質保証、質の向上に注力致しました。しかしながら根っこの部分では、患者として、こんなのがあればいいなと考えていたものを作り上げたつもりであります。人の身体に関わるプロフェッショナルの皆様に、是非ご活用いただければ幸いです。

 

防衛大学校電気情報学群情報工学科助教 博士(理学) 白川 智弘

 

白川 智弘 ≪ 略歴 ≫

2002年 大阪大学理学部生物学科卒業
2004年 大阪大学大学院理学研究科生物科学専攻修了
2007年 神戸大学大学院自然科学研究科地球惑星システム科学専攻修了(博士(理学))
2007年 ~ 2010年 日本学術振興会特別研究員(PD)
2010年より現職

日本生物物理学会の分野別専門委員(2012年 ~ )や、人工知能の分野で最先端の国際会議である Alife のプログラム委員(2016年 ~ )など、国内外の学会委員を多数務める。

著書に、「オステオパシー医学の思想」(日本オステオパシーメディスン協会,2005)、「創発する生命」(NTT出版、2009)などがある。

 

 

 

ポスティマを活用するメリット

 

ポスティマを活用して、あなたの手技による施術前後の違いを患者さんへ『画像と数値で比較して』お伝えすることは、さまざまなメリットがあります

 

  • 視覚による情報は、他の感覚の情報より認識度合いが高く、さらに、画像による視覚情報は興味や理解度とその印象が深まります。
  • 患者さん自身が「自分の姿勢が改善されている」という認識がしやすくなり、セルフメディケーションによる改善への効果に繋がる可能性があります。
  • 一目でわかる比較レポートなので施術前の状態を思い出す必要がなく、高齢の患者さんの「加齢による記憶の低下」を補うことができます。
  • 比較レポートを印刷してお渡しすることで、患者さんのご家族や友人などにも施術による違いを視覚的に説明することができます。
  • 比較レポートをお渡しして、患者さんのご家族や友人などにもあなたの施術による効果を知っていただくことで、口コミの効果も期待できます。
  • そして、なにより、蓄積されたデータがあなたの素晴らしい実績となります。

 

 

以下は、ポスティマを実際に臨床の現場で活用している開発者のコメントです。

ポスティマを導入したことで患者さん自らが治療に参加するようになっています。
実際に患者さん自身から『次はもっと身体のバランスが良くなってるかしらね~。』という言葉も出てきますし、インフォームドコンセントに対する患者さんの関心が高くなっているのを強く感じます。

また、患者さん自らが積極的に治療の予約を入れて行ってくれ、次回の治療との間隔をあまり空けなくなり積極的に治療に通ってくれる効果も感じられます。

 

上記のコメントに対して、とても興味深い論文の報告例がありますのでご紹介します。

 

これは、医療機関で実施した報告ですが、「患者満足度調査」を実施して結果をまとめた論文の要約に、患者さんの満足度が上がると以下のような傾向が高くなるという報告があります。

■ 将来も同じ医師や医療機関に受療する
■ 友人にその医師や病院を紹介する
■ 医療を利用する回数が増す

ということが上がり、さらに、

■ 患者自身の判断による転院や治療中断の率が下がる
■ 治療方法を素直に受け入れる
■ コンプライアンスが高まる

という「治療上好ましい行動をとりやすくなる」という結果が報告されています。

 

上記のコメントを出した開発者はもちろんこの論文報告を知りませんでした。

この論文の要約を見て、開発者のコメントと同じような内容であることに驚きました。

 

手技療法の現場で実際にポスティマを使って得た患者さんの反応と、医療の現場で満足度が上がった患者さんのとる行動の傾向がほとんど同じということです。

 

つまり、ポスティマを活用して、あなたの施術による施術前後の違いを患者さんに「視覚的」にお伝えしながら患者さんとのコミュニケーションを深めることで、症状や身体の改善に対する理解が高まり、患者さんの「あなたや、あなたの施術に対する満足度」を高めることに繋がる可能性が高まるということです。

 

 

ポスティマで広がる『姿勢撮影・分析・比較の活用シーン』

今までの姿勢分析システムの多くは、専用ソフトをインストールしたパソコンを用意して、三脚で固定したカメラで撮影ステージに立った患者さんを撮影し、その画像をパソコンで分析処理をするというスタイルです。

つまり、「そのシステムを設置してある場所でないと姿勢分析ができない」ということになるのではないでしょうか。

 

ポスティマでは、iPadひとつで患者さんの撮影・タブレットの画面上で分析・施術前後の違いを1つの画面上で並べて見ていただくことができるので、ポスティマをインストールしたiPadさえあれば、場所を選ばず姿勢撮影・分析・比較が可能です

 

また、多くの人に無理なく「低料金」でご利用いただけるように開発したアプリですので、高額な姿勢分析システムの導入は難しいとお考えの方にもご活用いただけると思います。

 

 

≪ ポスティマはこんな方にもおすすめです ≫

  • ご自宅などで施術されていて広いスペースが取れない方
  • 出張施術をされている方
  • 姿勢矯正・改善の手技などを教えている学校やスクールの先生
  • 姿勢矯正・改善の手技などを習っている方
  • スポーツトレーナー・インストラクターの方
  • ヨガトレーナー・インストラクターの方

 

特に、個人で活動されているトレーナー・インストラクターの方は、ポスティマを「あなたのオリジナルツール」として活用することができると思います。

 

また、比較レポートを印刷するプリンターが無い状況でも、iPadで表示した比較レポートを「スクリーンショット機能」を使い、画像データとして保存することで、相手の方にメールなどでお渡しすることが可能です。

 

 

ポスティマは利用量に制限の無い月額定額制(※)

 

ポスティマは月額定額制(※30日単位)で利用していただけるiPad用アプリです。

 

「姿勢分析システムは高額」という概念を打ち破る、今までにない圧倒的低料金で利用できます。

 

多くの方が無理なく使えるように、一番短い1ヶ月(30日単位)でのご利用でも5,400円(税込)でお使いただけるように低価格の料金設定をしています。

利用料は、一日あたりわずか180円(税込価格での換算)です。

また、初期設定費用なども不要で、製品版を購入後すぐに使い始めることができます。

 

撮影回数や分析数を気にすることなく『定額制で使い放題』

ポスティマは、ご利用期間内の撮影回数や分析数には一切制限を設けず「定額制で使い放題」のアプリです。

 

また、6か月(180日)・1年(360日)でのお申し込みの場合はお得な割引をご用意しておりますので、長期ご利用のお申し込みがお得です。

 

 

 

「App Store」からダウンロードのアップル社公認アプリ

 

Apple公式ストアである「App Store」でアプリを配布するためには、Appleの審査を通過しなければなりません。

 

Appleではアプリケーションが信頼できること、想定どおり動作すること、不快な内容が含まれていないことを確認するための取り組みとして、すべてのアプリケーションを審査しています。

 

ポスティマはAppleの審査を通過したiPad用アプリです。

 

 

ポスティマ「製品版」ユーザー様 【 限定特典 】

 

ポスティマ製品版を購入いただいき、ユーザー登録をしていただいたユーザー様には、ユーザー様が運営・所属する施術院のホームページにリンクしてお使いいただける【患者様向けポスティマ紹介ページ】を、無料でご利用いただくことができます

 

 

[ 患者様向けポスティマ紹介ページ ]はこのようなページです。

 

患者様向けポスティマ紹介ページとは

ポスティマのユーザー登録をされたユーザー様への【限定特典】として、患者さんに向けてポスティマのご紹介ができるように、リンク専用WEBページをご用意いたしました。

 

このページは、ポスティマ製品版ユーザー様の施術院では「患者さんが直接ご自身の目で見ることのできない『患者様の背面と側面の姿勢を施術前後で比較して』一つの画面で確認することができる」ということを、患者さんにお伝えする目的で制作しています。

 

また、「患者さんが施術の効果を比較して見ることの意味」や、「比較するために必要なポイントを押さえた姿勢撮影分析比較ツールを使っていること」などを、画像を交えながらご紹介しています。

 

 

患者様向けの紹介ページをご案内する理由

施術の前後にご自身の姿勢を「鏡」で見ることは、多くの患者さんが経験されていると思いますが、「施術前」と「施術後」のご自身の姿勢を、写真や画像でご覧になったことがある患者さんは少ないのではないでしょうか。

 

また、「施術前のご自身の姿勢」と「施術後のご自身の姿勢」がどのように変わったのかを比較するための「一つの画面に施術前後の違いを並べた比較画像」というものをご覧になったことがある患者さんは、さらに少ないと思います。

 

だからこそ、ポスティマ製品版のユーザー様の施術院では『施術前後の姿勢の違いを一つの画面に並べて比較してお見せできる』ことを、患者さんに知っていただくことは大きなメリットになると思います。

 

しかし、患者さんへこのようなことをお伝えするために、ユーザー様がご自身の施術院のホームページに新たなページを作ることは、大変な手間や費用ががかかってしまう場合もあると思います。

 

そこで、ユーザー登録をしていただいたユーザー様への【限定特典】として、大変な手間や費用をかけずにリンクを張るだけで、患者さんにポスティマのご紹介ができるWEBページを活用していただき、患者さんがユーザー様の施術院を訪れる『プラスアルファのきっかけ』の一助になればと考えております。

 

 

リンク用に専用バナー画像もご用意しておりますので、併せてお使いいただけます。

 

 

 

[患者様向けポスティマ紹介ページ]のご利用方法

ポスティマ製品版をご購入いただいただき、ユーザー登録をされたユーザー様へは、メールで[患者様向けポスティマ紹介ページ]のご案内をお送りいたします。

 

お送りするメールには、[患者様向けポスティマ紹介ページ]のURLを記載しておりますので、ユーザー様の施術院のホームページにリンクが適当な内容かどうかをご覧いただき、よろしければご活用ください。

 

 

まずは、無料の ≪ 評価版 ≫  でお試しください

 

iPadだけで定額で使える姿勢撮影・分析・比較アプリといっても、実際にどんなものかわからないとお使いいただけないと思います。

また、iPadをお持ちの場合は、ご自身のiPadで問題なく操作できるかというご心配もあるのではないでしょうか。

 

ポスティマは、まず[無料の評価版(体験版)]をApp Storeからダウンロードして、使い勝手を確認していただくようにしています。

 

 

Postima 無料 ≪評価版≫ トップ画面

 

[無料評価版]は機能制限を設けており、分析した画像の保存機能などを使うことはできないので、臨床の現場で実践としてお使いいただく事はできませんが、ポスティマの「撮影」「分析」といった姿勢診断では一番重要な操作を実際にお試しいただく事ができます。

 

 

無料評価版でお試しいただき「使ってみようと」なりましたら、ポスティマ評価版のアプリ上から製品版の購入ができます。

 

無料 ≪評価版≫ のトップ画面から製品版購入できます。

 

 

ポスティマのダウンロードはこちら

 

 

ポスティマのご利用に必要な通信環境

 

ポスティマはサーバーなどへアクセスせず利用できる仕組みになっています。

通常の撮影・分析・比較レポート作成は、いわゆる「スタンドアローン」の状態で利用できますのでインターネットへの通信は不要です。

 

ただし、以下の場合にはiPadがインターネットに接続できる環境が必要となります。

通信にかかる費用はお客様のご負担となります。予めご了承ください。

 

  • App Storeより無料評価版(体験版)をダウンロードする時
  • 無料評価版より製品版へお申し込み・更新手続きをする時
  • 取扱説明などをWEBサイトで閲覧する時
  • ポスティマで撮影・分析した画像やレポートをお客様ご利用のクラウドサービス等へバックアップする時(※)
  • その他、インターネットを使用してデータの移動や送信・バックアップ等をする時(※)
  • バージョンアップ等でアプリの再ダウンロードが必要な時
  • ユーザー登録等でインターネットへのアクセスが必要な時

 

※アプリの機能としてのデータバックアップはありません。

 

 

よくあるご質問

既存の姿勢分析システムでは、
1.撮影のたびにカメラの厳密な水平合わせが必要になる
2.常に同じ撮り方をするためには、撮影対象者とカメラの位置を一定にしなければならない(毎回距離を測る必要がある)
3.対象者にマーカーを付けるなどして、画像上に対象者の身体のパーツを記録せねばならない
などの調整が必要であり、毎回の撮影に手間がかかってしまいます。
また、同じ理由により、既存製品には撮影場所が制限されたり、比較的大がかりな機材が必要な場合もあります。

それに対しポスティマは、以上のような条件を iPad が元々有する機能のみで達成し、iPad 1台で完結した機能を有しています。
そのため、撮影が非常に容易かつスピーディーであり、特別な機材を必要としないため使う場所を選ばずに、かつ安価に利用できるソフトウェアとなっております。
iPadの加速度センサーが正常に稼働していることが前提として、センサーで検出された水平・垂直の誤差は「0.3°以下」です。
大丈夫です。
ポスティマは、タッチパネルの操作だけで簡単に使えますので、パソコンの知識はほとんど必要ありません。
はい、使えます。
ただし、比較レポートを印刷する場合には iPadに対応する「AirPrint 対応プリンター」が必要です。
iPad対応の「AirPrint対応プリンター」については下記サイトをご参照ください。
Apple社「AirPrintについて」のWEBサイトはこちらご注意: iPadとAirPrint プリンタを Wi-Fi ネットワークに接続する必要がございます。
詳しくはこちらのサイトをご覧ください。
AirPrint プリンタを Wi-Fi ネットワークに接続する
現在のところ iPad 版のみでのリリースとなっています。
android 版については今後開発予定です。
ポスティマのiPad対応機種は「iPad 2」以降となります。
ご注意:iPad 2以降でも、画面の小さい「iPad mini」には対応していません。
ポスティマのデータ閲覧画面より「選択モード」で選択した画像を「iPadのフォトアルバム」にエクスポートすることにより、撮影画像(元画像)、分析後画像をバックアップすることができます。
フォトアルバムにエクスポートした画像は、クラウドストレージなどを利用して外部へ保存することが可能です。
エクスポートを行わないと、他端末へのデータ移動はできません。

ご注意:ポスティマでは、アプリを起動して撮影し、撮影したiPadのアプリケーション内に保存している撮影画像のみ分析することが可能となります。
画像をエクスポートして保存することは可能ですが、再分析可能なデータ形式でのバックアップをすることはできません。
はい、可能です。競技直前の姿勢分析や、ヨガの実施前、実施後における姿勢の変化を測ることなどにご活用いただけます。
また、適用範囲はこれらのみに留まらず、姿勢の分析により効果を評価することのできる全ての分野で活用していただくことが想定されます。
無料の評価版では分析後の画像を保存すること、比較レポートを出力すること、データをエクスポートすることができません。
詳しくは、ユーザーマニュアルの【Postima 評価版・製品版】をご覧ください。
ポスティマの使い方動画とユーザーマニュアル
無料評価版(体験版)をダウンロードしていただいた後、アプリトップページの「製品版購入」より製品版へのアップグレードが可能です。
App Store 【Postima-ポスティマ-】無料評価版(体験版)ダウンロードサイトはこちら
初期設定作業や初期費用は必要ありません。
製品版をご購入後すぐにお使いいただけます。
大変申し訳ありませんが、買取式はございません。
大変申し訳ありませんが、複数ライセンス等の割引はございません。
割引は、180日・360日の長期ご利用申し込みでの割引のみとなっております。
製品版のご利用期間が終了し、継続ご利用されない場合に解約となります。
ご利用お申込み期間内での途中解約はできません。
途中解約をされる可能性がある場合は、30日単位でのご利用をお勧めいたします。

 

その他の「よくあるご質問」はこちらをご覧ください。

 

 

 

≪  最後までお読みいただきありがとうございました  ≫

 

最後に、今回ご紹介させていただいた、iPad用 姿勢撮影・分析・比較アプリ【Postima -ポスティマ- 】の特徴をまとめさせていただきます。

 

ポスティマは、患者さんにあなたの施術による「Before-After」の違いを、一定の基準で撮影した画像を使い、「視覚的」に比較してお示しすることに特化したアプリです

 

  • iPadだけで、手軽に撮影と分析ができること。
  • iPadだけで、Before-Afterを比較したレポートを作ることができること。
  • iPadという手軽さでありながら、分析に必要な「水平・垂直」や「一定の大きさでの撮影」という、「比較」に必要な条件を、撮影する時に「いつも満たすことができる」こと。
  • 条件をクリアした撮影画像を分析して、比較して提示することで、患者さんの施術に対する理解を深めてもらいやすくなること。
  • タブレットを患者さんと一緒に見ながら説明や分析ができるので、患者さんをお待たせすることなく、コミュニケーションを深めることにも役立つツールであること。
  • 姿勢分析システムの多くは、非常に高額なものが多いですが、どなたでも無理なく使えるように、30日単位の月額定額制で、撮影数や分析数に制限を設けず、低料金でご利用いただけるアプリであること

 

以上のようなことが実現できるように開発したアプリです。

 

また、iPadで直感的に操作できるメニュー構成になっており、パソコンに慣れていない方でも簡単に操作が可能です。

また、撮影や分析は、慣れてしまえば短時間での操作ができるようになりますので、あなたの施術やトレーニングなどの流れを大きく変えることなくご活用いただけると思います。

 

iPad用 姿勢撮影・分析・比較アプリ【Postima -ポスティマ- 】を使うことで、患者さんがあなたの施術の素晴らしさを理解し、あなたと患者さんのコミュニケーションが深まることを望んでおります。

 

 

最後までお読みいただき、誠にありがとうござました。

 

 

 

 

 

ポスティマのダウンロードはこちら

 

 

ページの先頭へ